読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪女のだらだら駄らいふ

漫画もゲームもそこそこのライトオタク喪女がとりあえず脱喪を掲げつつ考えや行動を残しています。

ココナラをやってみた

どうも、だら子です。

私、実はというほどではないですが元々美系の学部にいたのでちまちまイラストレーターとかで絵をかいています。

と言ってもあまり絵は上手ではないので趣味程度です。

store.line.me

数年前の流行りにのってラインスタンプとか作ってました。

全然売れてないよ!

 

と、それは置いておいて。

最近この絵を描くという事をお金にできないだろうか考えた末、ココナラというサービスでサービスを出店してみました。

 

 

ココナラ

ココナラは個人が様々な案件を最低金額500円から請け負うというサービスです。

翻訳やイラスト、占いなど色々。

個人が簡単にフリーランスになれると考えてもらえれば分かりやすい!

 

私はココナラで「地図を作る事」を売ってみました。

f:id:otamozyo:20170327193121p:plain

住所だけ、もしくは手書き地図をもらってデジタルに起こす作業です。

イラストやアイコンよりも圧倒的に楽なので単価は安めです。

センスも出ないですしね、イラストレーターが使える人は地図作りおすすめです。

 

 

自分が作ったものがお金になる

たった数件ですが、注文を受けて地図を作りました。

要望にあわせて作るという事は難しくもありますが、自分が作ったものが喜ばれて、対価としてお金をもらうという事に感動しました。

物やサービスに対してお金を払うという行動は、生活の中で当たり前にやってる事ですが、自分が作ったものにお金を払ってもらうってなんだかすごい事のように思える不思議…。

 

普段はなんだかよく分からずに事務処理してニートしてお金をもらっていますが、嬉しさでいえばこちらの方が「やったー!」っていう気持ちが強いです。

金額は全然違いますけどね。

 

 

フリーランス、無理そう

しかしココナラを通して「フリーランス向いてなさそうだなぁ」と同時に実感。

自分でできない事を相手は頼んでいるので、知識がない方がお客様です。

ついでに言うと当然距離が離れているのでメールで連絡をします。

 

私非常~~~~に短気なので、これがかなりの障害になりました。

「すぐ作ってすぐ修正して完成させたいけど返事待たなきゃな~…

 返事くるまでに改善してみよう」

・・・・(ちょこちょこ改善)

『優しい感じでお願いしたいんですけど』

「手書き風とかですか?」

『そんな感じで!』

「データはどのような形式が?サイズの指定はないですか?

 指定がなければ600×400で作ります」

『拡大縮小できる奴がいいんですけど。600ミリ×400ミリって事ですか?』

「pngでいいですかね。

 600px×400pxです~」

『後は良い感じにお願いします』

「(いい感じってなんだよ~~~!!!)」

作ってるものがあるとずっと気になっちゃうタイプなので、結局ほかの事も手付かずこんな感じで半日終了。

 

人に会わない分、意思疎通が難しいしすぐに確認したくてもできないのが歯がゆい!!

(最初の打ち合わせの時点で全部事細かに聞けばこんな事にならなかったので、これは自分の落ち度なんですがね…)

お金がもらえるのはうれしい事ですが、続けても地図を作るのが早くなるだけだなぁと思ったので登録だけして放置しております。

 

 

自分の事に気付く

店じまいしたとは言え、デザインをする事や自分の技術に対してお金をもらうという事は自分にとって結構うれしい事に分類できる。

人の要望を形にするのも、嫌いではない。

逆に相手からのレスポンスが遅い、悪いとやる気をなくす。

(相手があいまいだと作る側も困惑するので、誰かに何か頼むときは明確なイメージをもっていった方が◎)

 

とても単純な事ですが、最近自分の事がよく分かっていなかったので、改めて自分の好きな事嫌いな事を再確認できました。

(自分の事が分からないについては改めて後日書く予定です)

こういう事がいっぱい分かれば、転職する時に失敗するなんて可能性も減らせるのかなぁなんて思ったり。

 

おわり。

 

喪女ブログランキング参加してます。