読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪女のだらだら駄らいふ

漫画もゲームもそこそこのライトオタク喪女がとりあえず脱喪を掲げつつ考えや行動を残しています。

NHK集金が来て大泣きした話

どうも、だら子です。

現在は実家暮らしなのですが、一時期一人暮らしをしてる時がありました。

一人暮らしを始めた人には必ずやってくる洗礼、そうNHKです。

 

今回はNHKの集金マジでやべーから一人暮らしの人気を付けてね!っていう話。

NHKを見る見ない以前にこの問題で一気に警戒と嫌悪の対象になりました。

 

最近ニュースとかでも話題だから本当の本当に気を付けて下さいね…。

 

f:id:otamozyo:20170401215345p:plain

 

 

夜の8時、インターホンが鳴る

一人暮らしをはじめて1週間ほどたったある日、夜の8時にインターホンが鳴りました。

こんな夜に訪ねてくる友達はいないし、家族からも行くなんて連絡を受けておらず一気に警戒心が高まります。

そっと覗き窓から見るとスーツを着た男が一人いました。

正直ものすごく怖い。

けど居留守もできないしチェーンをつけたままドアを開けました。

 

「NHKの〇〇と申します。

 このアパートの皆さんには加入してもらってるんで…。

 テレビありますよね(ドアの隙間から部屋を見る」

 

みたいな話を始めました。

よくよく考えれば皆さんには加入してもらってるんで…なんていくらだって嘘を言えるんですけど何故か信用してしまったんですよね。

しかも部屋の中もさりげなく確認されてしまいました。

まさかNHKなんて思いませんでしたから音付けたままだったんですよね。凡ミスです。

 

支払い方法の催促

「カードとかもってませんか?

 支払いに登録したいんですけど」

 

次にこれです。

調べるとこのパターンも結構あるようですね。

キャッシュカードを要求し、モバイル端末でスキャンし暗証番号を押させます。

すると本当にあっという間に口座振替の契約が完了してしまうそうです。

 

でもこの時点で私キャッシュカード持っていませんでした。

なのでどれだけやっても支払い契約なんて出来っこありません。

それを言っても相手は引きません。

「とにかくカードを登録するので」

の一点張りです。

もうこの時点で涙目です。

 

とりあえず「番号が分からないから」と言って部屋に引っ込みましたがドアの外を様子見すると帰る気配は全くありません。

めちゃくちゃ怖いです。

その後は渋々払えるはずもないカードを端末に通して番号を押してみましたが、当然終わるわけがありません。

しまいには泣きながら通して「無理です…」と言ってました。

それでも帰りません。

 

最後

結局カードで払えないという事が理解できたらしく、最後に紙に自分の名前や新しい住所を書かされる事に。

いまだにこれはなんだったのか記憶もあやふやで謎です。

ドア越しに1時間の格闘でした。

 

NHKの集金が帰った後超大泣きでした。

初めての一人暮らしで不安だった所に、更に追い打ちをかけるように夜に知らない人がやってきてずっと部屋の前で待機され、払え払えと催促されてとんだ恐怖体験でした。

 

ちなみにこの後、泣きながら両親に電話した所両親が激怒。

集金していた人の名前を憶えていたので、名指しでクレームを入れたらしく来なくなりました。

が、その後そういった経験もあり怖くなってすぐ一人暮らしはやめました。

 

ついでにNHK集金が来た翌日にはテレビ破棄証明書の準備もしてました。

 

 

一人暮らしをはじめた人に告ぐ!

・とにかくチェーン越しでもドアを開けない

開けたら終わりです。

対応はドア越しでもできるので徹底的に戦うなら開けてはいけません。

名前を聞く事ができたら聞いておきましょう。

 

・いつでも戦う準備を

断るという強い意志と知識を身に着けておきましょう。

断り方はいくらでも検索すれば出ますので、是非来る前にご一読を!

怖い思いをしなくてすみます…。

 

 

NHKはテレビを持ってる限りは支払わなきゃいけない、法律で決まっている。

分かっていますが、回収方法をどうにかしてくれと思わざるをません。

正直また引っ越して集金がきても絶対に払わないと思います。

 

新しい場所に一人でとても不安なのに突然やってきて催促って本当に本当~~~に怖いんです。

特に自分でいうのもなんですけど女子一人に夜の来訪者(男)とか警察呼ぼうかと思ったレベルです。

 

この時期は一人暮らしを始める人がたくさんいると思います。

こうなる可能性もありますので、払う気がないなら一瞬でも優しい面を見せてはいけません。

どうかどうか!お気をつけくださいね!!

 

おわり。