読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪女のだらだら駄らいふ

漫画もゲームもそこそこのライトオタク喪女がとりあえず脱喪を掲げつつ考えや行動を残しています。

横浜でフカヒレを食べてきた

どうも、かなり食わず嫌いなだら子です。

おいしくないのは食べなくても死なないから食べないよ!

けど野菜はどうにかおいしく食べられないものか。

 

まぁそんな悩みはさておき、タイトル通り横浜でフカヒレ食べてきました。

 

フカヒレ=高級食材という認識のもと、一度は食べてみたい(お金的に)という事で横浜中華街へレッツゴー。

 

 

その前に

今回はクーポンサイトのポンパレでコース料理割引クーポンを買っていきました。

一人3000円ほど安くコース料理が食べられてお得!

 

お店によっては半額になる所もありますので要チェック!

グルメ以外にも美容やスポーツ施設も安くなったりします。

その分「この日は使えません」という制約もあったりしますので、自分にぴったり合うクーポンがあればラッキーです。

 

いざ、コース料理へ!

今回行ったお店は景珍樓(けいちんろう)さん。

ポンパレ使ってただでさえ安いコース料金がさらに割安。

確認した所ぐるなびとかでも安く予約できました!

 

さてさて今回のメインはフカヒレなわけですが、フカヒレ含め10品のコース料理を注文しています。

という事で一部のメニューを紹介します。

なお、「なんか甘い肉」とかそういう表記なので伝わりにくいと思います…。

 

前菜

f:id:otamozyo:20170401200845j:plain

・辛いきくらげ

・甘い肉

・酢漬けの野菜。ポリポリしてておいしい。

 

あまり量が多くなくてホッとする4人。

メニューを見ると右の野菜(酢漬け)だけで800円するらしく、すでにコース料理でよかったと安堵。

肉はなんだか中華っぽい甘さでちょっと苦手。

 

2品目 あわびのスープ

f:id:otamozyo:20170401201317j:plain

とろとろしてる、一見するとあんまりおいしそうじゃない。

けど一番このスープがおいしかったっていう。

絶対食レポすると「やさしい味がする~~!」って言われる味。

 

真ん中に浮かんでるのがあわびです。

だけど目をつむって食べると「あわびというよりイカ」というコメントが出てきます。

 

3品目 フカヒレの姿煮

f:id:otamozyo:20170401202123j:plain

なんと3品目にして早くもメインのフカヒレ登場。

一人一枚です。贅沢な。

取る時に箸を通り抜けていくのはあんかけのせいなのかフカヒレが柔らかいからか。

いざ実食。

 

食べた結果、味はそんなにおいしくない

フカヒレの筋っぽい感じはコリコリしてていい感じなんだけど、味がどうにもおいしくない。

おそらくフカヒレ自体には大した味はしないと思うので単純にこのあんかけの味の問題なのかもしれない。

 

4品目 エビチリ

f:id:otamozyo:20170401202946j:plain

でかいエビチリ。

 

このエビが石だったら投げて当たった時絶対痛いサイズ。

とにかく身がプリプリというかブリブリというか良い表現が見当たらない。

おいしいかったけどとにかくエビ!!!エビでーーーす!!って感じ。

口いっぱいエビでした。

 

その他色々でました。

・フカヒレの点心(全然フカヒレが入ってるの分からなかった)

・豚の角煮+豚まんの皮(組み合わせて食べる)

・北京ダック春巻きとえびせん

・あんかけチャーハン

・杏仁豆腐

量的には少ない方でしたが、品数が多くて結構しんどい…。

食べ終わった後は一切食べ歩きしませんでした。

 

コース料理を食べる前に

今回小食4人で行ったので、結構残す結果になってしまったのでショック。

分かってた事なんですけどね。

 

ですので食べる前にお店側に一つ確認をする事をおすすめします。

 

「コースメニューの中で持ち帰れるものってありますか?」

 

これです。

今回食べた後に聞いたので、残ったものが持ち帰れなくて残念な結果になりました。

 

私が行ったお店では、麻婆豆腐や

f:id:otamozyo:20170401203326j:plain

f:id:otamozyo:20170401203350j:plain

あんかけチャーハンは持ち帰りできません。

おそらくあんかけや液体はダメなんでしょう。

 

逆にOKなのが餃子や点心など零れる心配がないもの!

f:id:otamozyo:20170401203439j:plain

持ち帰れるとなると、無理してその場で食べなくてもいいしお家でもおいしく料理が食べれるから良いですよね。

でももし可能なら、「え?皆食べないの?食べていい?」って言ってくれる大食いの人を連れていきましょう。

 

おわーり!