読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喪女のだらだら駄らいふ

漫画もゲームもそこそこのライトオタク喪女がとりあえず脱喪を掲げつつ考えや行動を残しています。

レッドブルエアレース ネガティブキャンペーン

どうも、だら子です。

今年も春かっ飛ばしてすぐ夏がやってきますね。

夏の前に梅雨ですが。

そんな梅雨到来の6月に開催されるのがレッドブルエアレースです。

CMでもやっているので知ってる方は知ってますよね。

 

f:id:otamozyo:20170424103015j:plain

実は2015年、レッドブルエアレースを観戦に行っておりました。

が、中々悲惨だったので今回はネガティブキャンペーン。

 

 チケット高杉ちゃん

 

エアレースを見たいというそこの貴方!

サイトを見て「うわチケット高すぎ~」って思いましたよね。

私もそう思います。

 

一番安い所で6000円

続いて8000円

一番高い所で12万円です。

12万円ですよ????どんな富裕層!!!

 

12万円はともかく、一般エリアに入っても、何かおいしい有名店の出店が出てるわけでもなく(出店自体は少しはあるけどスポンサー企業ばっかり)、飛行機を間近で見られるわけでもなく、(空飛んでるし)ただ観戦エリアに入れるってだけなんですよ。

極端に言えば。

(それが観戦ってもんだろうが!って感じですけど)

 

しかも飛行機は空を飛んでいるわけで、必ずしもエリアに入らないと見えない訳じゃないんですよね。

道路からでも、なんならちょっと離れた建物からでも見れます。

f:id:otamozyo:20170424102954p:plain

一瞬でもいいや~って方はチケット代払わなくてもぶっちゃけ見えます。

 

割とすぐ飽きる

 

最初は飛行機のエンジン音と驚くほどのスピードにめちゃくちゃテンションあがります。が、ずっとその繰り返しなので割とすぐ飽きます。

一番高いエリアだと実況が聞こえるので心躍るものがありますが、ファミリーエリアなどちょっと離れると何を言ってるんだかさっぱり。

誰が飛んでいるとか誰が一位だとか全然分かりません。

ただただ飛行機が飛ぶのを見ているだけです。

飛行機好きならまだしも興味本位で見に行くとガッカリします。

 

本格的なカメラを持っていくと、飛行機撮るのに夢中になるかも。

 

環境最悪

 

観戦エリアは場所によるかもしれませんが大部分が砂地です。

加えて場所は海沿い、とにかく風が強い!!!

砂を巻き上げて風が吹くのでとにかく目に入るわ髪がジャリジャリになるわサンダルで来ると足に砂がくっつくし最悪です。

スカートで行くとより最悪。

更に天気がいいと日差しを遮るものもないし砂からの照り返しがすごい。

とにかく暑い!!6月でも日傘や帽子がないとかなりしんどいです。

f:id:otamozyo:20170424103039j:plain

点々に見えるのは全て人

 

飲食に制限がありすぎる

 

先ほども書いた通り天気がいいととにかく水分が欲しいしお腹だって空きます。

が、持ち込めるのはなんとペットボトルか水筒(600ml以内)のみ!!

食べ物は持ち込みできません。

飲食店の屋台は出ていますが、客の数に比べて圧倒的に数が少ない。ので店にたどり着くまで長蛇の列。

買うまでに干からびます。

ちなみに15年に売っていたのは水とビールとレッドブル。

イベント会場なので定価より高いのは覚悟していましたがそれぞれ500円。

ちょっと渋る。

観戦エリアで敷けるシートもレッドブルが販売してるシートのみなので商売魂逞しすぎて勘弁してくれって感じです。

(私達はコンクリートに座ってました)

 

 

それでも行く時の注意

 

もうチケット買っちゃったぜって人にいくつか気を付けて欲しいポイントがあります。

 

・女性はパンツスタイルで

 

スカートは風にあおられるし砂も巻き込むので絶対にやめましょう。

デートであってもパンツスタイルの方が快適に過ごせます。

できればサンダルやヒールもやめておいた方が無難です。

砂に埋もれてちゃんと歩けなかったり、砂が入って不快な思いをします。

 

・日焼け対策をしっかりと!

 

なめてかかると本当に日焼けして翌日には黒焦げになってますよ!!

日焼け止めを1本、日傘、帽子もあればばっちりです。

 

・水やシートは隠してこっそりと

 

完全にルール違反ですが熱中症になるよりマシです。

長時間見る予定の人はタオルにくるんでリュックや鞄の底にひそませておきましょう。

荷物検査があるので念のためカーディガンなどでさらに上から隠すとバレにくい。はず。

面倒な方は再入場できますので、一旦外に出てどこかのコンビニを探しに行っても○。

実行は自己責任で。

 

・入場はお早めに

 

観戦エリアが決まっているだけで中は無法地帯です。

早めに行ってコンクリートの上や段差など座っていて楽な場所をゲットしましょう。

最悪立ち見や砂の上です。

 

 

まとめ

 

散々ネガティブキャンペーンしましたが、実際飛ぶ飛行機を見るとその魅力にハマる人もいらっしゃる事でしょう。

ちゃんと対策をして、楽しむ準備万端で行けばきっと楽しい。(かもしれない)

もしもチケットを買う際は、一番安いスタートゴールエリアよりかは一般エリアの方が解説がちゃんと聞こえて楽しめると思います。

ちらっと見たい方は外からちらっと見れるはず。

レースは6月3日(予選)、4日(決勝)に開催です。

飛行機がただ見たい!という方にはチケット代が安い予選の方をオススメ。

決勝戦で盛り上がりたい!というパリピなあなたは決勝をオススメします。

 

まだ開催まで1か月以上ありますので興味がある方は検討してみて下さいね~。

おわり。